スタッフブログ

フィアット、アバルトのオフィシャルディーラーサイトがリニューアルしました。
スタッフブログは新ブログで更新いたしますので、この機会にぜひご覧ください!
※旧ブログには最新の記事は更新されません。下記のバナーより新ブログをご確認ください。
   
2018/03/10  ショールームダイアリー 
今シーズンはABARTH595でスキー場巡ってます。
 
こんばんは、勝本です。

本日、グループ店のボルボ・カーズ長野で「窯焼きピッツァ」の振る舞いをやっておりました。

思わずそのおこぼれをいただく幸運に恵まれ、昼食=ピザ、おやつ=ピザ、そして夕飯=ピザになりそうです。





イタリアというと地中海、暖かいというイメージが強いかと存じます。

しかし十分に寒いとこなんです。

山がちな地形も相まって、スキー場の数は200以上。

狭い国土に沢山のスキー場という点で、日本と大変似通ってます。

ということで、雪国でも乗れるし、ABARTHでスキーにも行けるのです。

と、言いたいことはここまで、ここからはスキー趣味の話ですので、読まなくても大丈夫です。

この景色は「さかえ倶楽部」山頂からの景色。

長野と新潟の県境にある、失礼ながらマイナーなスキー場ですが、豪雪地帯のスキー場ということもあり以前から気になっておりました。

ほどよいスケールでまとまり感があります。ドサドサ降った翌日なんかに行ってみたいです。平日は非圧雪エリアが多いとのことなので。

こちら「ブランシュたかやま」山頂です。

中央やや右奥に富士山が見えます。

ブランシュが凄いというよりも、富士山どっからでも見えるなと。

スキーヤーオンリーゲレンデで、滑り応えのあるコースが多いです。昔から結構好きですね。

以前、ここの駐車場でキー閉じ込みやって、半着替え状態でJAFを待ったという素敵な思い出があります。


「Slatner」の無料レンタルがありました。

この板のデザイン、見覚えないですか!?

そう、高梨沙羅選手がジャンプで使用しているメーカーです。

「沙羅ちゃんと同じ!」というだけで十分満足ですね。

とにかく軽いということが特長。

でもやっぱりこのデザインですよね。他の板と全く被らない。

性能も大切ですが、見た目も同じくらい大事ということで。


以上、スキーよもやま話でした。


 
2018年03月(21件)
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ページ上部に戻る